『コードギアス』関連オフィシャルブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『コードギアス』への道 谷口悟朗監督編

<<   作成日時 : 2006/07/14 12:15   >>

面白い ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0



第2回 アニメ業界への扉




――実写のドラマとか映画の道に進もうとは思わなかったんでしょうか。


谷口 実写のほうに進んだ先輩を見ると、一度監督デビューしても、仕事の状況は不安定のようでした。それにTVだとTV局の力が強すぎて、どうも好きなことができそうではない。それで、アニメであれば20代で演出にもなれるみたいだし、やってみようと。

――日本映画学校からアニメ業界に入る人は多いんでしょうか。


谷口 そう多くないと思います。当時、学生課で調べてもらったら、何年か前に手塚プロ(※1)に入った人がいるのがわかったくらいですから。そこで講師のひとりだった、掛須秀一さん(※2)に相談したんです。掛須さんは「もうちょっと前なら、AIC(※3)に推薦してあげられたんだけれど」といいつつ、J.C.STAFF(※4)を紹介してもらったんです。

――J.C.STAFFという会社は当時知っていましたか?


谷口 いえ、AICのほうもまったく知りませんでしたね。アニメを好きといっても、そんなにマニアックに知っていたわけではないんで。当時、OVAをたくさん制作している時だったんですが、作品も知らなくて。それなのに面接にいって、その足で不動産屋につれていかれて、「どっちのアパートがいい?」って聞かれて、それで決まりでした。

――J.C.STAFFに入った時も既に演出ということだったんでしょうか?


谷口 いや、制作進行(※5)です。で、入社当時、新人の制作進行さんがよく聞かれる質問ですが、「アニメ界に入って何をやりたいの」って聞かれて……。「自分で脚本書いて、コンテを切って、演出して、プロデュースをして、製作総指揮もやりたい」って答えたら、大笑いされました(笑)。そういう時に決まって言われたのは、「アニメーターじゃないと演出にはなれない」という話ですね。みんなが言うんですよ。いきなり将来が閉ざされましたね。
 確かに、出崎統さん、りんたろうさん、宮崎駿さんは言うに及ばず、アニメ業界ではアニメーター出身の監督のほうが多いのは事実です。だからというべきか、私が押井さん、高畑さんという監督をどうして意識したかというと、お二人がアニメーター出身じゃないからなんですよ。富野(由悠季)監督もアニメーターではないんですが、富野監督の作品はあんまり見ていなっくって……。ああ、思い出しました。当時はアニメ誌とか見ていると、サンライズがずいぶん特集されていて、そういう持ち上げられ方があまり好きではなかったんですよ。だからどうでもよかった。(笑)。スタジオとしては、竜の子プロのほうが好きでしたね。J.C.STAFFは、竜の子系だったんですよ。当時の社長の宮田(知行)さん(現在は会長)が、元竜の子の企画文芸部出身なので。いいのかな、サンライズ作品なのに、こんな話……。

※1 手塚プロダクション
手塚治虫のマンガ制作のための事務所としてスタート。70年代後半からアニメーション制作にも進出。主な作品に『アストロボーイ・鉄腕アトム』、『ブラック・ジャック』など。

※2 掛須秀一
『あずみ』『攻殻機動隊/GHOST IN THE SHELL』などの編集を手がける編集の第一人者。JAYFILM代表。

※3 AIC
『鉄腕アトム(新)』受注のために設立した作画スタジオを母胎に82年設立。AICとは「アニメインターナショナルカンパニー」の頭文字。主な作品に『天地無用!魎皇鬼』シリーズ、『GUN×SWORD』など。

※4 J.C.STAFF
社名は「ジャパンクリエイティブスタッフ」の略。主な作品に『少女革命ウテナ』『ハチミツとクローバー』など。

※5 制作進行
制作工程において、スケジュール管理と素材管理を行う役職。

(第3回に続く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
『コードギアス』への道 谷口悟朗監督編 『コードギアス』関連オフィシャルブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる