『コードギアス』関連オフィシャルブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 監督・谷口悟朗さんのコメント

<<   作成日時 : 2006/10/31 00:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

監督:谷口悟朗

■本作で目指すところはなんでしょうか?

 物事というものはよく「黒と白」「悪と善」「支配と服従」などの二元論で語られます。
 しかし、その二元論を分ける判断基準はなんなのでしょうか? その疑問を持たず単純な二元論だけで作品を作ってしまうと、本当の意味でのエンターテインメントを作るのは難しいのではないか? と常々思っています。
 本作品は「ルルーシュ」や「スザク」といった様々なキャラクターを使って、単純な二元論を語っているように見えます。勿論、それは作品の入り口として本当のことですし、それを否定するつもりはありません。
 ただ、我々が住むこの世界は、人それぞれの社会環境や立ち位置によって、さまざまな様相を見せており二元論では語りきれないと考えます。その語りきれない部分をアニメーションという形で表現し、物語的に昇華させるというのが本作品の目論見の一つです。それをすることにより前述した二元論の疑問にも答えることが出来、また、エンターテインメントを成しえるのではないか?と考えています。
 こういった作劇論は日本のアニメーションがかねてより持っている「華」の一つだと思っています。そのような様々な「華」が長い日本のアニメーション史の中で生まれてきたと思います。
 本作品の目指すところの一つに、それら「華」を受け継ぎつつ、尚且つ、新しい「華」を作り出し、良い意味でのアニメーションの新しい可能性を作り出したいと考えています。


※放送に先立って行われたマスコミ試写会で配布された資料に掲載されたコメントです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
次はコードギアスの絵描こうかなぁ
ハロウィン絵がなんとか出来たので。 ・・・ハロウィン、もう終わっちゃってますけど。・゚・(ノД`)・゚・。 ...続きを見る
〜そらとだいちとかぜのかなた〜
2006/11/03 01:17
監督・谷口悟朗さんのコメント 『コードギアス』関連オフィシャルブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる